クラシックが送料無料でなくてもお買い得な価格♪エーハイムフィルターのレビュー 2017年度

上部フィルターからの乗り換えです。こちらはコンテナ外せなそうです。2211は吸水と排水のホースのサイズが違うというとても面倒な機種なので(ホースが同じの)2213はかなり楽に感じました。

コチラです!

2017年06月24日 ランキング上位商品↑

エーハイム クラシック フィルター メーカーエーハイム クラシックフィルター 2213 ろ材付きセット 水槽用外部フィルター メーカー保証期間2年 関東当日便

詳しくはこちら b y 楽 天

外して固定盤を使って2.5L〜3L弱。今のところ!故障もなく!安定した水槽を維持できています。水槽横に置きましたが、水槽より低い位置でないと動かないんですね。コトブキsv9000とゼンスイ100クーラーで水量が落ちたのでSV9000と2213で水量を復活&生物濾過が目的で購入しました。50cmの高さがあるので横置きできてしまいました。消費電力もテトラは1.5倍以上しますしね。結果、インペラー交換で異音はしなくなり現在はほぼ無音状態に戻りとても快適です。ダブルタップも付属ですから!メンテナンスも楽々です。(ただ!サブフィルターを付けた際や目詰まりした際の流量の低下は少ないらしい?)コリドラス達にはちょっと物足りないかも?(60センチ水槽の生物濾過にはベストとの話も聞きますが)4!扱いずらさ:ちょっと動かしただけで簡単に漏水・エア噛み(パイプがテトラのモノより抜けやすい様です。設置した後に気がついて、直しましたがダブルタップがあり難なく、水漏れを直しました。ただ基本なるべく動かさない!いじらないモノなのでそれさえ気を付ければ問題ありません。本来この機種は静かな稼動音らしいので!異音がするという方は一度メーカーに問い合わせてみたほうがいいと思います。テトラに比べて…優れてる点1、拡張性:サブフィルター等のオプションパーツが充実しているのでカスタマイズしやすい。設置1週間経ちますが今までで1番良いです。ほぼ無音にちかく気になることはない。濾材を同じにすれば濾過能力もほとんど変わらないと思いますし。今まで2211を使用していた30キューブ50cmハイ水槽に。ろ材入りでは「ディスカウントア○ア」さんの方がお安かったけれど送料や他のついで買いもあったのでこちらで購入。他社のものや!いろいろなパーツがあるので自分好みに水槽をカスタマイズできるのでおすすめです。夜寝るとき!上部フィルターのあの水が流れる音に耐え切れず!思い切って購入した次第です。(らしい)また2年で原因不明の漏水の噂があるテトラタイマーの様なモノが無い。2211と同じように思うのは!ホースを多用するので(切って短くダブルタップとのつなぎに使用したり)メンテナンスが結構しんどいということ。(自分は2213で原因ばっちりわかる漏水を設置2日目にしました。完全新規の立ち上げになるのですが!本日試運転したところ音も静かで安心しました。無しの方がろ材はもう少し多く入ると思うが、コンテナ無しにするには路盤を購入せねばならないので、そのまま使用。2、設置の自由度:ホースを自分で切るので設置の自由度がある。迷ってる方には是非オススメです。濾過槽容量が2213の3Lに対してVX-60は4L、75が5.8L。2215を使っているので、説明書などいらず、組立も早いものです。)5!標準濾材:テトラの標準濾材とは違って後々まで使えそうです。ストレナー用スポンジを購入しましたが!買ってそのまま即セット出来るのがこの商品の特徴です。水槽台の下には入らないんですけどね。担当の方は親切で!インペラーの初期不良が濃厚との事で問い合わせ当日に替えのインペラー送ってくれました。3、美観:純粋に見た目がかっこいいのと素材が高級感がある。2213は同じ感覚だとすぐ抜けます。昨年夏からの始めた初心者でも一度2211を立ち上げていたのでスムーズに行きました。濾過材を入れられる量はコンテナ使って濾材の量は2L前後。3、最大流量:東日本住みなので440L/hです。設置して吸水バルブからの水漏れ発生。ダブルタップも恐ろしく便利です。購入検討時!外部・上部・底面各フィルタのどれにしようか迷いましたが!外部フィルタのメリットである「ろ過能力の高さ」!「水草育成に最適」!「静音性の高さ」!「耐用年数の高さ」に着目!さらにレビュー評価の高いエーハイムにしました。)テトラのホースはがっちりはまります。外部フィルターはテトラやコトブキも使っているのですが、個人的にはエーハイムのクラシックが1番使いやすく音も静かですね。自分はちゃっちぃテトラは水槽台にしまって2213は見せてインテリアにしています。エンゼル2匹がメインなのですがちょっと大きくなってきてろ過不足な感じだったので・・・。今回ろ材は現状のフィルターに入っていたものを使ったので!かなり余りましたが!新品でろ材だけを買うよりお得にストックすることが可能になりました。ただ効率は!2213のが良さそうです。6、消費電力:差額月/数十円ですが気分的によい。テトラは1.5m2本の簡単設置。(ユニットごと外せるのがいかに楽か)2!設置しやすさ:ホースが2.5mしかなくしかも自分で切るのでめんどくさい事この上ないです。とっても満足しています。楽したいならバリューエックスシリーズ!カスタマイズしたいならクラシックシリーズとなるのでしょうか。ただ!ろ材コンテナは微妙。実家の家族の水槽用です。難点は、別の60cm水槽で使っているテトラVX-75との比較になりますが、流量コントロールが簡単にできなきこと、フィルタ掃除時の給排水パイプの脱着が面倒くさいこと、ですかね。音も殆ど気にならないレベルですから、やはり外部フィルターといえば、これというブランド力です。こちらを使ってみてテトラの良さを再認識しました。安くてよいですね。60cm水槽のリセットで購入しました。60cm水槽用にこちらを購入しました。しかし!これはチャームさんが発送の際!吸水バルブを緩めて発送しているのが原因のようです。外装・ホース・パイプがグリーンなのも、水槽に合ってる感じで好きですね。設置から3日目ですが未だエア噛みのうるささに悩まされています。今まで使用したいたものは水槽台の下にピタッと収まるものでしたが!ろ材の入る容量も考えると!少し不足気味という印象があったので!立ち上げ1年経って安心・安定の定番の2213にしました。ホースの中の掃除をしたりシャワーパイプ(エアレーション目的で水上に出しているのでよくつまります)の掃除をするのにいちいちゴムのホースをパイプから抜くのは結構至難の業です。このシリーズは本体もホースも緑一色なのでインテリアにも馴染んで気に入っています。前回スターターセット(すぐに使用できるようにセットされた商品)を購入したので2213自体は2度目です。雑誌やネットでも良く見かけるのでちょっとうれしくなります。2213を購入後動かし始めて数日は運転音もせずとても静かだったのですが!気がつくとモーター音のような「ブーン」という異音が聞こえてきて!かなりうるさくなってきたのでメーカーに問い合わせをしました。45cm金魚水槽用に購入して3年経っての感想です。テトラのVX-60で2L!75で3Lです。ろ材は真ん中に入っていたブルーのスポンジを取り除いて手元にあったサブストラットを増量してみました。でも2213はとてもポピュラーで人気のある機種なんですね(バランスが良いのでしょうか)。VX-75の660L/hは元よりVX-60の580L/hにも及びません。シャワーパイプを水面より下にし、酸素を取り込むため45°上に傾けて水面を波立たせる感じで取り付けてます。感想は素晴らしいです!透明感ヤバイです!仕様はsv9000→2213→クーラーです。ただ!水換えなどですばやくしないと一瞬水面が低くなってしまうので注意が必要です。非常に静かでろ過機能も優れてます。初心者でどのフィルターを購入するか悩んだんですが!定番で人気もある本製品にしました。ただ、値段の変動が激しすぎるようで、過去三回購入してますが、一番高いときは6300円、普段は5300円、たまに安くて4999円とか、最安値3999円なんて言う日もあります。どちらも一長一短ですね。上部フィルタの時と比べてかなり静か、ってか無音です(´・ω・)シーン ただシャワーパイプの穴が小さいので、ジェット水流になってしまうので、やはり穴を拡張したほうが無難60センチ水槽にテトラのバリューエックス60と75を使用していて十分満足してます。劣っている点1、メンテナンス性:とにかくテトラのイージーメンテナンスを普段しているとダブルタップすらめんどくさくなります。急にフィルターが壊れてしまったのですが!発送も早く値段もすごくお得だったので良かったです。値段も近場で買うより安いです。。設置も簡単!音も静かで大満足です!4725円で購入しました。差が有りすぎ?ろ材が付いて4Kなんで思わず購入してしまいました。4!商品の信頼性:構造がシンプルなのでロスも少なく耐久性がある。